Headline

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- | カテゴリ スポンサー広告 | CM(-) | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農薬を多く摂取した子どものADHD発症率は2倍

2010年06月20日 23:05 | カテゴリ 怖い病気 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 白夜φ ★ 投稿日:2010/05/20(木) 00:21:28 ID:???

農薬を多く摂取した子どものADHD発症率は2倍、米・カナダ研究
2010年05月19日 08:41 発信地:ワシントンD.C./米国

【5月19日 AFP】栽培過程で農薬を使用した野菜や果物を多く摂取した子どもは、
ADHD(attention deficit hyper-activity disorder、注意欠陥多動障害)
を発症する確率が高いとする論文が17日、小児科学誌「ピディアトリクス(Pediatrics)」に発表された。

米国とカナダの研究チームは、米国の8歳から15歳までの子ども1139人を対象に調査を行った。その結果、農薬に用いられる有機リン酸エステルの残留レベルが高い子どものADHD発症率は、通常の2倍であることを発見した。

米環境保護局(US Environmental Protection Agency、EPA)は現在、約40種の有機リン農薬の使用を許可している。

米国の家庭では、ごく普通に殺虫剤が使用されるが、ADHD発症と関連する農薬は主に食物摂取によるものだと、米科学アカデミー(National Academy of Sciences)は指摘する。

論文が引用した2008年のある調査報告によると、多くの野菜や果物で残留農薬が検出されている。特に、冷凍ブルーベリーでは28%、イチゴでは25%、セロリでは20%で、残留農薬が検出されたという。

今回の研究結果について、論文は、農薬と発達障害の関係を示すこれまでの研究結果に、新たな根拠を加えるものと結論付けている。(c)AFP

▽記事引用元
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2727850/5770693
AFPBBNews(http://www.afpbb.com/




富山が口蹄疫治療薬を開発

2010年06月12日 16:15 | カテゴリ 怖い病気 | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 アメリカン・シクリッド(福島県) 投稿日:2010/06/12(土) 03:39:26.44 ID:udWqHdUb

富山化学工業が口蹄疫治療薬開発へ

 富士フイルムホールディングス子会社の富山化学工業は、家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の治療薬の開発に乗り出す。ウイルスの増殖を防ぐ効果を持つ新薬候補の化合物は開発済み。宮崎県での感染拡大を受け、近く本格的な動物実験を開始する。農林水産省に2年後をめどに承認申請し、早ければ3年後に承認を得たい考えだ。

 富山化学が開発済みの化合物は「T―1105」(物質名)で、同社が臨床試験を進めているインフルエンザ治療薬「T―705」の類似物質という。口蹄疫ウイルスを接種した6頭の豚を対象にした2005年の実験では、T―1105を投与した4頭は発症せず、投与しなかった2頭は2日後に発症したという。

 同社は新薬開発に先行して、新薬候補物質を使った抗ウイルス粉末剤を試験的に生産した。豚のウイルス増殖を阻害する効果があるといい、感染拡大防止のための緊急避難策として、農水省から要請があれば粉末剤を供給するという。

 口蹄疫は感染力が強く、牛はウイルスが少なくても感染する。豚は牛の1000倍ほどのウイルスを排出すると言われる。ワクチン接種と殺処分による封じ込め策にもかかわらず、宮崎県では全県規模で感染が拡大している。富山化学は今後の口蹄疫の流行を防ぐため、治療薬の開発が不可欠と判断した。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E3E3E2EB948DE3E3E2E4E0E2E3E28698E2E2E2E2;at=ALL


最恐のウイルス「エボラ」に感染したサルの治療に成功

2010年06月11日 11:05 | カテゴリ 怖い病気 | コメント(4) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 フリソデウオ(青森県) 投稿日:2010/06/10(木) 21:27:09.26 ID:uUAQOxaj●

サルのエボラ治療成功、ヒトへの応用は
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100610003&expand&source=gnews

kowaibyouki.jpg

致死性の高いエボラウイルスに感染したサルの治療に成功したとの研究が発表された。ヒトの感染者の治療の可能性にも期待が高まっている。

研究チームは、致死量のザイール型のエボラウイルスに感染した中国のアカゲザルの特定のウイスルタンパクのみを“ノックアウト”するために、遺伝子の働きを抑制する特別な薬を使用した。ザイール型はエボラウイルスの中でヒトに対する病原性が最も強く、感染が広がると致死率は90%に達する。

エボラウイルスは接触感染性が高く、ヒトの体液や、ウイルスに汚染された注射針やカミソリなどを通じて広がる。ヒトなどの霊長類が感染した場合の典型的な症状として、高熱と激しい頭痛に続き全身から出血が止まらなくなる。体内外の大量出血によるショックが死因となることが多い。

エボラ出血熱が1970年代後半に中央アフリカで発生して以来、その予防と治療法が探られてきた。今回の研究を率いたボストン大学のウイルス学者トーマス・ガイスバート氏は、「エボラへの関心が高いのは、致死率が高いだけでなく、バイオテロの兵器となり得るからだ。予防ワクチン開発の取り組みは盛んだが、感染後の治療法が開発されたのはこれが初めてだ」と背景を語る。


1日2回の歯磨きで心臓病のリスク低減か

2010年06月02日 12:25 | カテゴリ 怖い病気 | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 TOY_BOx@みそしるφ ★ 投稿日:2010/06/02(水) 00:09:46 ID:???

口の中の衛生状態が悪い人は、1日2回歯を磨く人に比べ、心臓病のリスクが7割高くなるとの研究結果を、英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのグループがこのほど発表した。

英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」の最新号に掲載された研究によると、グループはスコットランドで実施された健康調査の結果を分析。成人1万1000人について、喫煙や運動、歯磨きなどの生活習慣と、家族や本人の病歴、血圧、血液検査の結果を調べた。

対象者のうち71%が1日2回歯を磨き、62%が1年に2回歯科医の診察を受けていると回答していた。

これらに該当せず、口の中の衛生状態が悪いと判定されたグループは、心臓病リスクのほか、体内で炎症などが起きていることを示す「C反応性たんぱく」や「フィブリノーゲン」の数値が陽性となる確率も高かったという

記事引用元 : CNN.co.jp 2010.06.01 Web posted at: 21:03 JST Updated - CNN
  http://www.cnn.co.jp/science/AIC201006010025.html


440444673_c19a101498.jpg

★クローン病の人集まれ★Part93

2010年03月29日 10:52 | カテゴリ 怖い病気 | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 病弱名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 01:05:45 ID:5FRunUfl0

「仕事・恋愛・生活」等についてマターリお話しましょう。
あくまでマターリ。不毛な押し付け議論、煽りは無視放置でよろしくお願いします。

~クローン病とは~
クローン病は炎症性腸疾患のひとつで、口から肛門までのすべての消化管に
慢性炎症を起こしうる原因不明の難治性疾患です。
intro.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。