Headline

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- | カテゴリ スポンサー広告 | CM(-) | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オススメ記事


関連記事

最新記事

アルツハイマーを予防する夢の食品 それは・・・

2010年08月17日 00:30 | カテゴリ | コメント(5) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 水先人(京都府) 投稿日:2010/08/16(月) 16:42:26.49 ID:8ei8g0iZ0

アルツハイマーにうまい予防法…食べるワクチン

アルツハイマー病の原因とされるたんぱく質を含むピーマンを食べると、この病気の予防につながる効果があることを、東京大学の石浦章一教授らがマウスの実験で確認した。「食べるワクチン」として臨床応用が期待される。米科学誌に発表した。アルツハイマー病の患者の脳(大脳皮質)には、アミロイド・ベータというたんぱく質が沈着・凝集し、老人斑ができている。これが認知機能の低下などを起こすと考えられている。

免疫の働きを利用し、素早く大量の抗体を作り出してこのたんぱく質を除去させるため、米国でアミロイド・ベータをワクチンとして注射する臨床試験が行われたことがあるが、過剰な免疫反応による副作用が問題となり、中止になった。

石浦教授らは、注射でなく食べて腸から吸収すると、副作用が起こりにくいことに着目。アミロイド・ベータの遺伝子を組み込んだピーマンを作り、その青葉を青汁にして、アルツハイマー病を発症するように遺伝子を操作したマウスに与えた。何も与えなかったマウスは発症して1年ほどで死んだが、青汁を与えたマウスは16か月以上生存、脳に老人斑は見られなかった。副作用も少なかった。

石浦教授によると、アミロイド・ベータを含む米などを作れば、人間が食べやすくなるという。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100816-OYT1T00551.htm


ピーマン
ピーマンはナス科の一年草、およびその果実。

栄養
ビタミンAとビタミンCを多く含むため、夏バテの防止などに効果が高い。ビタミン成分は緑色のときよりも熟して赤や黄色になったときの方が増加する。また、フラボノイドが含まれており、これがビタミンCの熱による破壊を軽減していると考えられている。このため、レモンよりも遥かに多くのビタミンCの摂取が可能である。


26 作業療法士(滋賀県) 投稿日:2010/08/16(月) 17:00:19.52 ID:MM7rV7qi0

ピーマン食えない。どうしたらいいんだ




27 コンセプター(長崎県) 投稿日:2010/08/16(月) 17:01:56.77 ID:4wn/IGCf0

>>26
よく読め、ピーマン自体に予防となる成分は含まれてない

遺伝子組み換えで無理やりねじ込んだ植物がたまたまピーマンだっただけ







安心したいアルツハイマーのあれこれ

アルツハイマー
アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Alzheimer's disease; AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種である。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。

年間発症率
0.6%(65 - 69歳)、1.0%(70 - 74歳)、2.0%(75 - 79歳)、3.3%(80 - 84歳)、8.4%(85歳 -)

生活習慣上の危険因子
食習慣
魚(EPA・DHAなどの脂肪酸)の摂取、野菜果物(ビタミンE・ビタミンC・βカロテンなど)の摂取、赤ワイン(ポリフェノール)の摂取などが本症の発症を抑えることが分かっている。1日に1回以上魚を食べている人に比べ、ほとんど魚を食べない人は本症の危険が約5倍であるというデータがある。

運動習慣
有酸素運動で高血圧やコレステロールのレベルが下がり、脳血流量も増すため。ある研究では、普通の歩行速度を超える運動強度で週3回以上運動している者は、全く運動しない者と比べて、発症の危険が半分になっていた。

知的生活習慣
テレビ・ラジオの視聴、トランプ・チェスなどのゲームをする、文章を読む、楽器の演奏、ダンスなどをよく行う人は、本症の発症の危険が減少するという研究がある。

たばこ
発症の危険性を高める。自らタバコを吸う(能動喫煙)だけではなく、非喫煙者であってもタバコから出る有毒物質(受動喫煙)の影響を受け発症率が高まる。







4 思想家(大阪府) 投稿日:2010/08/16(月) 16:44:11.24 ID:53pf2epr0

>遺伝子を組み込んだピーマンを作り、その青葉を青汁にして

ピーマン本体は関係ないのかよ!




5 モデル(コネチカット州) 投稿日:2010/08/16(月) 16:44:13.23 ID:b0G3n6lmO

中身スッカスカやがな…



6 絵本作家(鹿児島県) 投稿日:2010/08/16(月) 16:44:16.37 ID:D9EmCDBxP

金さん銀さんは毎日鯛の刺身を一切れ食ってたとかって話だな。



8 軍人(愛知県) 投稿日:2010/08/16(月) 16:45:08.73 ID:mgJO8ytRP

ピーマン苦手な子供の味覚に退行したらアルツハイマー



9 講談師(神奈川県) 投稿日:2010/08/16(月) 16:45:20.39 ID:ObogkUpT0

なんでピーマンを選んだんだ
もっと万人受けする植物選べよ




10 パティシエ(catv?) 投稿日:2010/08/16(月) 16:45:43.52 ID:PpC4VF1d0

副作用も少なかった。
副作用も少なかった。
副作用も少なかった。


なにかはあるらしい




11 はり師(関東・甲信越) 投稿日:2010/08/16(月) 16:47:20.27 ID:Sqh9b01PO

ピーマン関係ないのかw



12 花屋(千葉県) 投稿日:2010/08/16(月) 16:47:25.20 ID:emxKpn7b0

なんだ、スーパーでフツーに売ってるピーマン食いまくってもダメなのか
おじいちゃんに食わせたいんだけどなw




14 添乗員(神奈川県) 投稿日:2010/08/16(月) 16:48:31.78 ID:xGXib2iY0

ピーマンだな!
わかった全力で買いに行ってくる!!




15 軍人(長屋) 投稿日:2010/08/16(月) 16:48:56.83 ID:jMZU6dEVP

これはすごいぞ
いままで予防なんて出来たためしがなかった




19 職人(栃木県) 投稿日:2010/08/16(月) 16:51:55.28 ID:77tZc94X0

ピーマン=ナス科
ピーマンに比較的似たナス科と言えば唐辛子
唐辛子と言えば韓国料理
韓国料理が世界を救い
ネトウヨアルツハイマーで失禁wwwwwwwwwww




29 ヤクザ(コネチカット州) 投稿日:2010/08/16(月) 17:03:01.03 ID:V+6AFXQCO

>>19
もうすでにボケてるね 
よく読めよピーマン本体は関係ない




21 社会保険労務士(関西) 投稿日:2010/08/16(月) 16:56:17.66 ID:ZlgZAQKHO

ピーマンって弄り易いのか



22 ツアープランナー(長屋) 投稿日:2010/08/16(月) 16:57:32.68 ID:29hyZPaE0

>>21
中が空洞だからいろいろ詰めやすい。




25 絵本作家(東京都) 投稿日:2010/08/16(月) 16:59:07.18 ID:V4U8LRRkP

予防にはなるんだろうけど、原因物質のアミロイドベータをモリモリ食うのはちょっと抵抗があるよなあ…



33 添乗員(広島県) 投稿日:2010/08/16(月) 17:09:50.62 ID:qR9kQDtG0

独身で老後が心配だからマジで商品化急いでくれ!


オススメ記事


関連記事

最新記事
今月の人気記事
はてなブックマーク
人気エントリー
新着エントリー
この記事へのコメント
    ※2389 不安な名無し 投稿日:2010/08/17(火) 03:28:52
    てす

    ※2390 名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2010/08/17(火) 03:51:06
    なんつうかピーマンの青汁飲んでるマウスが不憫でならないな
    せめてもうちょっと美味しい野菜選んでやってよ


    ※2391 不安な名無し 投稿日:2010/08/17(火) 03:57:37
    マウスにとっては美味しいかもだぜ

    ※2392 不安な名無し 投稿日:2010/08/17(火) 04:11:43
    むかしピーマンマンって絵本あったな

    ※3050 不安な名無し 投稿日:2010/09/01(水) 15:32:17
    エビオス!!

コメントの投稿








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。