Headline

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- | カテゴリ スポンサー広告 | CM(-) | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オススメ記事


関連記事

最新記事

アレルギーの抑制分子を発見

2010年06月07日 14:10 | カテゴリ アレルギー | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 TOY_BOx@みそしるφ ★ 投稿日:2010/06/07(月) 03:29:03 ID:???

花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの発症を抑える分子を突き止めたと、渋谷彰筑波大教授(免疫学)らが6日付の米科学誌ネイチャーイムノロジー電子版に発表した。

渋谷教授は「この分子の活動を強める薬を開発すれば、アレルギーを抑える根本的な治療につながる」と話している。

渋谷教授らによると、花粉やダニなどのアレルギーの原因となる抗原が体内に侵入し、「IgE」という抗体と結び付き、肥満細胞と結合すると、肥満細胞から炎症を引き起こすヒスタミンなどの化学物質が放出されてアレルギー症状が出る。

渋谷教授らは、特定のアミノ酸配列を持つ分子が肥満細胞の活性化を抑えると予測し、人間の肥満細胞の細胞膜上で、この配列を含む分子を特定した。

この分子に刺激を加えると活性化し、肥満細胞から放出される化学物質は約半分に抑えられた。


▽記事引用元 : 47news.jp 2010/06/07 03:02 【共同通信】 
 http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060601000306.html

筑波大学免疫学研究室
 http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/immunology/immunol.index.html





2 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 03:33:10 ID:NtNhC4DB

これでほぼ完全に抑えられたらノーベル賞物だぞ!



3 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 03:36:32 ID:vgDlDKoa

でも お高いんでしょ?



4 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 03:38:05 ID:gP1TD2R+

早く特効薬をつくってくれ



5 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 03:41:30 ID:UPS99TTV

はっ早く!



8 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 03:59:16 ID:w/DMRLfD

この世で一番大切なものは住む場所があること、次に大切なのは苦しみから解放する医療だ。
その医療がほんのわずかでも前進することは宇宙開発のような華やかさはなくてもとても意義あることだ。




9 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 04:01:36 ID:bqZFz1p2

でも結局服用し続けなければならないのなら、今の薬でも変わらない?
それでも今の抗アレルギー薬よりもずっと強く抑えられるならいいのかなぁ~




10 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 04:10:37 ID:z3Nnund6

刺激がステロイドだったら面白いな。

昔々ファイトの製薬会社が風邪薬中の抗ヒスタミン剤名を使いCMで
○○ブロックと流していたけど薬価基準に未掲載のためか
いつのまにかレセプターブロックに変えたのには考えた。
そういえばタウリンは薬価基準に載っているけど処方する医者いるのかな?




12 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 04:12:48 ID:qDjHaB3L

俺、ストレス性の皮膚炎(アトピー)でさー、もう結構長い間苦しんでるんだけどさ、
たぶんマインドコントロールの方が早いよ、そっちも研究した方がいいよ。
なんかモニター画面見てるだけで治るとか・・・聞いてるだけで治るとか・・・

なんか、勉強したら、症状軽くなったよ?

時間とは偉大な医者だ。

って言った偉い人がいるらしい。




13 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 04:31:24 ID:j1KlVQEY

蕁麻疹と花粉症が治るかもしれないなら実験台にしてもらいたい



19 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 04:59:02 ID:vYLlhaCk

人間に使える安全性を確かめる前に、オレはレールの錆に成るだろう。



20 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 06:12:03 ID:Mj7xqCiE

この手のニュースはよく聞くけど
その後特効薬ができたという話は
聞いたことがない。




21 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 06:31:51 ID:aRcgqlXU

たとえば骨粗鬆症だと
1.骨が作られるより多くカルシウムが溶け出す、って作用がある
2.じゃあ溶け出す量を少なくすればいいじゃん
3.じゃあそういう作用を持つ薬つくろう、ってなって最近出始めた

このアレルギー抑制ってニュースはまだ1.や2.の段階
本当に薬ができるころはゆうに10年くらい経ってるしそのころには
このニュースがあったことすら大半の人が忘れてると思う




23 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 08:52:37 ID:seID1Iqj

年取ってから花粉症が発病した自分にとっては希望のある話だ
次世代の子供達が花粉症に悩まされなくなると良いね




25 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 09:42:01 ID:06v7pWnZ

科学や医学の発展てさ、人類の進化を止めるんじゃないのか



26 名無しのひみつ 投稿日:2010/06/07(月) 10:18:39 ID:5eprZ3GK

>>25
変わりに中国が環境負荷による進化のテストしてくれてるじゃん







オススメ記事


関連記事

最新記事
今月の人気記事
はてなブックマーク
人気エントリー
新着エントリー
この記事へのコメント
コメントの投稿








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。