Headline

スポンサーサイト

--年--月--日 --:-- | カテゴリ スポンサー広告 | CM(-) | このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ脇は洗っても洗っても臭いのか

2011年06月23日 14:16 | カテゴリ 体臭 | コメント(45) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 投稿日:2011/06/18(土) 12:32:35.99 ID:KbvQWz490

有働アナは60年代モーレツおじさん 脇汗支持オンナは肉食系
NHK有働由美子アナの脇38 件汗ジミ問題。
「恥ずかしい」から「働く女の誇り」まで、議論百出だが、作家で五感生活研究所の山下柚実氏は、「私はごめんです」と、きっぱり。
以下、脇汗支持女性について、山下氏が分析する。
http://www.news-postseven.com/archives/20110615_23237.html

たった30分で治るワキガ




スポンサーサイト

お前ら親知らず抜いた?抜歯とか怖いんだが

2011年06月16日 13:05 | カテゴリ 口内 | コメント(91) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 名無しさん@涙目です。(大阪府) 投稿日:2011/06/15(水) 21:31:45.86 ID:j+zXaSvg0

抜歯ミスで障害、歯科医に4千万円賠償命令 名古屋地裁

 親知らずの抜歯手術後の治療ミスであごに重い障害を負ったとして、名古屋市の40代の男性が同市港区で開業する歯科医師に約1億8千万円の損害賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁(永野圧彦裁判長)は15日、歯科医に約4千万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 判決によると、男性は2004年8月、右下の親知らずの抜歯手術を受けた直後に感染症となり、あごの骨の骨髄炎を発症。
その後、別の病院であごの骨の一部を切除するなど15回の手術を受けたが、現在も激しい痛みがあり、流動食しか口にすることができなくなった。

http://www.asahi.com/national/update/0615/NGY201106150011.html




痛風は二度と体験したくないような痛み 30~40代の男性に多い

2011年06月14日 19:05 | カテゴリ 生活習慣病 | コメント(16) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 名無しさん@涙目です。(愛知県) 投稿日:2011/06/14(火) 12:19:15.89 ID:SqVx09nw0

高尿酸血症・痛風治療の鉄則
昨年、足の親指の激痛に襲われたCさん、42歳。整形外科で痛風と診断、消炎鎮痛剤が処方された。
医師から運動して痩せるよう勧められた──。

「二度と体験したくないような痛み」と形容される痛風関節炎(以下、痛風)。
圧倒的に男性に多く、30~40代が好発年齢だ。血液中の尿酸が関節内で結晶化し、それを異物と勘違いした白血球が攻撃することで発症する。
関節の腫れ、発熱、激しい痛みといった典型的な炎症反応は一過性で治まるが、高尿酸血症が続く限り発作を繰り返す。

 従来、高尿酸血症は痛風が発症しなければ積極的な治療対象ではなかった。
しかし、最近の研究でメタボリックシンドロームなど生活習慣病と尿酸が関連する可能性が示されたため、高尿酸血症と診断された時点で痛風がなくても、生活習慣の改善など治療を始めることが望ましいとされている。

http://diamond.jp/articles/-/12667




看護師不足が深刻

2011年06月07日 12:16 | カテゴリ 病院など | コメント(53) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 名無しさん@涙目です。(愛媛県) 投稿日:2011/06/05(日) 22:46:16.33 ID:mTMG2Zlj0●

 香川県県立病院課が発表した県職員採用選考試験(医療職)の応募状況によると、2日現在、看護師の競争率は0・48倍で、過去5年間(同時期比)で最低となっている。
採用予定人数50人程度に対し、同日現在の応募者数は24人。
 1次選考は26日に行い、合格発表は8月下旬の予定。
 所定の応募用紙に必要事項を記入し、郵送・持参するか、インターネットから申し込む。
締め切りはインターネットが9日、郵送・持参が10日(消印有効)。問い合わせは同課〈087(832)3310〉。

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/20110605000119




どうして歯医者さんは虫歯の完全撲滅を目指さないの?

2011年06月02日 11:40 | カテゴリ 口内 | コメント(29) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1 名無しさん@涙目です。(dion軍) 投稿日:2011/05/24(火) 21:16:23.09 ID:3mjsmhNx0●

「虫歯になったら削って埋めて」というのが、これまでの一般的な歯科医療のイメージだ。
しかし、予防重視に転換する取り組みが専門家の間で進んでいる。専用の「トレー」を使って口の中にも薬が使えるようにするなどの方法で、夏には大学で歯科医向けの研修も始まる。
関係者は「この技術は東日本大震災のような災害時、避難生活での口の健康にも貢献しうる」とアピールする。

「今までの歯科医療の中心は、病気になった歯への発症後の対応だった。
発症前に、侵襲性の低い(できる限り歯を傷つけない)治療をするのが望ましい」

鶴見大学(横浜市鶴見区)歯学部探索歯学講座の花田信弘教授は、予防の重要性を強調する。
口の中では、「ミュータンスレンサ球菌(虫歯菌)」と食べ物の糖を基に酸性の「バイオフィルム」と呼ばれる膜ができて歯を覆い、歯からカルシウムやリン酸が溶け出す。初期の虫歯はこうしてできる。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110523/bdy11052307430001-n1.htm




| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。